想いをこめて作る指輪とは

リング

2人の夢が広がる指輪作り

結婚指輪は、結婚後はずっと長く身につけているものですので、長く愛用できるような、こだわったデザインのものがほしいという方は多いでしょう。しかし、ジュリーショップで販売されているものは、同じようなデザインのものが多く、他の人と一緒のものになってしまうこともあります。そのため、オリジナリティのある結婚指輪がほしい方や、自分の想いのこもった結婚指輪をはめたいという方は、結婚指輪を手作りするとよいでしょう。手作りであれば、2人の好みに合わせたものにすることができますし、2人とも違ったデザインがいいというような場合でも、指輪の裏に刻む日付やメッセージを同じにすることで、2人だけの結婚指輪にすることができます。また、手作りの指輪を完成させるために、指輪づくりにお互いの時間を共有することで、より一層、2人の愛が深まることでしょう。手作りの指輪で人気なのは、模様で個性を出す方法です。ハートやクローバーといった模様を2つの結婚指輪に分かれるように配置し、2つを重ね合わせると、何かの模様が現れるというものです。中には、指輪を重ねると、2人のイニシャルがあらわれるタイプもありますし、2人だけにしか分からない、暗号のようなデザインにしたり、共通の趣味をデザインしたりなど、指輪の模様は多種多様です。また、シンプルなデザインの指輪にして、素材を異なるものにするカップルもいます。例えば、男性の指輪はプラチナにし、女性のものはピンクゴールドにするなど、違う素材で作り上げる方法も、おしゃれで人気があります。